コーディング代行で要注意のSEOの落とし穴

コーディング代行で要注意のSEOの落とし穴 質の良いコーディング代行でウェブコンテンツを充実させたとしても、その後の保守管理次第でサイトが削除対象になったりと、思わぬトラブルにつながる可能性があります。たとえば有害サイトへのリンクなど、目に見えるかたちでの悪影響が認められる場合には即刻削除対象となる可能性があります。

また、SEO対策において重要なのは、2ページ目の閲覧率と言われています。ユーザーの心理として検索ページの上位に表示されるサイトからクリックしたくなるのは当然のことで、言い換えれば悪質サイトを検索ページの2ページ目以降に移動させることができれば、被害を最小限に抑えられることになります。

そのためには悪質サイトよりも下位に配置されているサイトを、上位に表示させるようなSEOの手法を応用すれば、2カ月から6カ月の短期間でそれらの対策が可能になります。悪質サイトを排除するだけではまだ不充分で、SEOの効果をより確かなものにするためには、優良サイトの順位が常に上位になるように工夫する必要があります。悪質サイトの排除にばかり気を取られていて、本当に見てほしい優良サイトのアクセス数が伸びないようでは意味がありません。本来の目的を意識してこそ、コーディング代行は効果があるのです。

最新ニュース